Cork

いつも他人と比べてしまう人へ

 

f:id:kopooonita30618:20190601142208j:plain

「他人と自分を比べない」

 

そう言うと聞こえはいいのですが、人間である限り比べないことは無理です。

 

例えば、小学校に入った時

  • 背の高さ
  • 成績
  • 足の速さ
  • 話のうまさ

等々を自然に比べるようになっています

 

比べるという行為は、人間である限り、とても自然な本能です

 

比べることで、社会の中の自分を客観的に知ることができるからです。

 

「他人と比べない」ことは本能的に難しくて、比べないことには始まらないことがたくさんあります

 

では、なぜ「他人と比べない」という言葉が魅力的に聞こえるのでしょうか

 

人は常に他人と比べて一喜一憂する生き物だからです。

 

だから、

「他人とばかり比較していないで、まずは自分のやっていることに専念しなさい」

ということになるのです。

 

では、今からは他人と比べずに、ひたすら自分と向き合っていこう。

 

他人と比べて落ち込んだり嫉妬しなくて済むぞ......とはなりませんね。

 

  • 身長
  • 体型
  • 収入
  • 成績
  • 身体能力
  • 容姿

 

等々の差を比べないというで瞬時に人を判断しては

自分と比較してしまう「能力」を身につけているのが人間なので す。

 

だから、比較しないという非現実的な案ではなく、この生まれ持った「比べる」能力 を活かす方法を考えたほうが得策です。

 

他人との「比べ方」が大事なのです

 

損得感情をうまく利用 し、相手のプラス面を活用します。

 

格差があるから、モチベーションは上がり、偏見が、 新しいものを生み出します。

 

細菌と同じで善玉と悪玉があって適切な量もあります。

 

使い方さえ、うまくやれば、比較はウェルカムなのです。

 

 

自己分析して比べる

 

 

他人と比べて、何が自分に足りないのか、どうすれば伸びるのか

 

他人からの評価を受け止め、どの部分なら改善できるのか。

 

無駄に落ち込んだり、嫉妬しないで比較や評価を自分 の成長につなげていく。

 

プラスにしていく。優越感と劣等感を捨てていくことが大切で

 

以前

 

ミスユニバースで日本一になり現在はトップモデルの一人として活躍されている宮坂絵美里さんがおっしゃっていたことがあります

 

各国でトップを取る女性たちは、みな、ものすごく「自己分析」ができている

 

宮坂さんにもどんなトレーニングをするのかを聞いたら、とにかく「自己分析」だそうです。

 

歩き方 など技術的なものは当然ですが、身体的に劣っている部分、優れている部分、伸ばせる部 分、伸ばせない部分、キャラクターとしてどこが劣っていて、活かせるかを徹底的に分析 するそうです。

 

僕ら普通の人間は、

「どこが劣っているか」 

を徹底的に考えることはめったにありませ んよね。

 

シビアに

「他人と比べる」

わけですね。

 

辛い作業かもしれませんが、それをす ることで、精神的にも、強くなるのです。

 

例えば、自己分析をした結果

 

「僕はぽっちゃりしている」

と判明したとして、 それを100%受け入れた場合、

他人に

「お前はぽっちゃりだ!」

って攻撃されても

「はい、そうなんです」

って素直に言えます。

 

もし、母がでべそだとして

「おまえの母ちゃん でべそ!」

って言われても、

「うん」

ってすんなり言えます。

 

傷つきにくい心をつくるためにも、徹底的に自分のダメな部分を知って、認めて、受け入れる。

 

そして、長所も含めて活かすのです