Cork

モチベーションを上げる考え方

f:id:kopooonita30618:20190601142148j:plain

 

モチベーションが上がらない

 

上げなきゃって思っている人は多いと思います。

 

幼い子供はなぜ、あんなに毎日モチベーションが高いのでしょうか。

 

自分の子供の頃を振り返っても、やりたいことで頭がいっぱいだったし、やりたいことばっかりやっていたから、モチベーションが下がるとか元気がなくなるなんてなかったですよね。

 

それはなぜでしょうか?

 

それは「○○しなきゃ」という義務感がないからです。

 

すべてが、 新しく、楽しいからモチベーションは高いままでいられるのです。

 

上げなくていいので、自然と上がります。

 

 

大人になるにつれ

  • 「起きなければ」
  • 「着替えなきゃ」
  • 「仕事しなきゃ」
  • 「片付けなきゃ」  
  • 「元気出さなきゃ」

と、「○○しなきゃ」が増えていきます。

 

頭の中が、「○○しなきゃ」で埋められるたびにモチベーションは上がらなくなるもの

 

「○○しなきゃ」 減らせば、モチベーションは勝手に上がります。

 

だから「しなきゃ」を一つ一つ減らしていく作業をするのです。

 

  • 「朝起きたい」
  • 「仕事してー!」
  • 「メールの返事がしたくてワクワクする」
  • 「納期がせまった仕事をいかにして、感動的に仕上げるかドキドキ」

みたいに変換していくのです。

 

それは言葉の力だけでもかなり変えられます。

毎日が

「したい」

「したくてたまらん」

で埋めつくされた世界もありではないでしょうか。

 

ただこれも、

「しなきゃ」

「なくさなきや」

「楽しまなきゃ」

ってなったら本末転倒です。

 

働いても働かなくてもよい

 

それにしても僕らは、一日の中で、いくつの「しなきゃ」があるのでしょう。

 

僕らは、 しなきゃいけないことで、一日が、終わってしまいます。

 

しなきゃならないことで、人生が埋まっちゃいます。

 

追われて、なんとかこなしているうちに、

いつのまにか、

やりたいこと

本当に大切なことがわからなくなるのです。

 

だからこそ、僕らは、

「やりたいこと」と、

「本当に大切なこと」を、意識的に考える時間が必要なんです。

 

一日1回は、考える時間をとるようにしましょう。

 

「やるべきこと」「やりたい」と思えるようになったら最強です。

 

ただ、「したい」という気持ちを強制してしまうと、かえって辛くなる人がいます。

 

そんな方におすすめなのが、

 

「働かなきゃ」→「働いても働かなくてもよい」

 

というように、ニュートラルに言い換えることです。

 

  • 「幸せにならなければ」→「幸せでも、幸せでなくてもよい」
  • 「がんばらなきゃ」→「がんばっても、がんばらなくてもよい」
  • 「明るく楽しく元気よくなければならない」→「静かで穏やかだって、どちらでもよい」

 

つまり、「どっちでもよい」とすることによって、一旦執着から離れてニュートラルになります。

 

そして、「どっちでもよい」という、ゆるーい状態の中で自分が選択したいも のを選んでいきます。

 

  • 「痩せなきゃ」
  • 「お金を稼がなきゃ」
  • 「がんばらなきゃ」
  • 「笑顔でいなきゃ」

ばかりでは辛くなりますよね。

 

そして逆効果になるケースも多々あります。

 

 

そんな人は、

「どっちでもよい」

から始めることをおすすめします。