Cork

もし太陽がなくなったらどうなるか

 

f:id:kopooonita30618:20190322170200j:plain

 

もし太陽がなくなったら地球はどうなってしまうのでしょう

 

地球太陽から近すぎず遠すぎないため生命体が存在しやすい環境ができたと言われています

 

しかしこの環境は永遠に続くものではないとも言われています  

 

もちろんそれは近年の地球温暖化など人間による環境破壊のせいで破壊される可能性もあります

 

しかし、それだけではありません

 

これから50億年後太陽はその燃料である水素ガスを使い果たしてヘリウムガスだけになるとされています

 

すると太陽の大きさ今の2倍ぐらいの大きさになるため地球100°以上の灼熱になります

 

現在地球上に存在する生命はそのような公の場所においては生存することができません

 

もし何らかの生物が生存したとしても太陽はそこからさらに燃え続けついには200倍の大きさの赤色矮星になると言われています

 

以前のような光や熱は届かないのでマイナス200°の暗幕になるため生物は生存できないでしょう

 

さらにこれまで太陽の引力によって公転していた星たちもバラバラになり破壊します

 

このように太陽がなくなれば地球はおろか生物すら存在できなくなります

 

赤色矮星となって全てを飲み込むのか

 

太陽系となり崩壊するのかという結末が待っています

 

とは言っても50億年後には私たちは存在していないので関係ないかもしれません

 

しかし今いる人類が考えることは後の人類にも受け継がれます

 

壮大すぎて想像がつかないと諦めなのではなく知恵は永遠に繋がっていくものだと考えることをやめないことが大切になります

 

 

50億年後の人類はどこか別の惑星に生存しているかもしれません